製品案内

トップ製品案内 > かき氷製造機

かき氷製造機

全自動かき氷製造設備

全自動かき氷製造設備市販の氷塊から氷を削り出し、シロップと混合して、かき氷を製造する設備です。 削氷とシロップの計量から、撹拌混合、排出、充機ホッパーの液面制御まで全て、自動コントロールされ省力化された設備です。
原料氷がプレートアイスのときは、削氷機形式が変わります。
形式 能力
M-10
M-20
M-40
1200リットル/Hr
2400リットル/Hr
4000リットル/Hr

全自動式かき氷設備 図面ダウンロード

氷精粒機

氷精粒機

「シロップと氷」又は「アイスミックスと氷」の混合液を精粒機に通すだけで微細氷が出来ます。ローターの回転を変えるだけで、氷の大きさが簡単に変えられます。

ブロックアイスクラッシャー

ブロックアイスクラッシャー

三色の着色粒氷を同時に製造できます。 製品氷粒サイズの変更は容易に行えます。 原料氷は、バイターラインのステックサイズから、 ブライン槽モールドのブロックまで自由に選択出来ます。

全自動製氷・削氷システム

あくまでドライで水晶のように透明で硬質な「理想の氷」を生み出す先進の製氷・削氷システムです。
※本製氷システムはアメリカターボ社(現ボート社)とナラサキ産業株式会社とのライセンス契約により製作されたものです。

氷質を保証する3つのメカニズム
1.独自のステンレス結氷板
独自のステンレス結氷板
610×1,524(mm)の大型ステンレス結氷板はシームレス熔接特殊加工により、製造されたターボ独自の結氷板です。
これにより、冷媒の流れを均質化し、効率的に均一な結氷がおこなわれます。
また、堅牢で驚異的な耐久性をそなえています。
2.特殊水トレ構造
特殊水トレ構造
原水を均一に流下させ、水切り、水回収が確実なため、均一な結氷ができます。
また、脱氷時も水気を完全にカットして氷質をキープします。
3.高速無加熱脱氷方式
高速無加熱脱氷方式
原水と補助ホットガスの併用により無加熱で高速脱氷されます。
(2分以内)

このため、ドライで硬い氷質が確保されます。
(原水温はコンデンサの熱交換利用で確保)

Page Top